本文へ移動

会社案内

代表者挨拶

代表者挨拶
当社の母体である(株)サタケは、1896年(明治29年)、創業者 佐竹利市が日本で最初に動力精米機を考案し、生産したことに始まります。
以来1世紀以上にわたり、研究開発を重ね、穀類加工技術の分野では世界のトップ企業として活躍しております。
伝統に培われた独自の技術に最先端の技術をいち早く取り入れ、機械とシステムをトータルエンジニアリングとして幅広く提供しております。
常にユーザーニーズにあった良い商品を開発し、お客様に提供することを第一として参りました。おかげさまを持ちまして、サタケは業界最古の歴史、最大の規模、最高の技術を誇っており、日本はもとより、世界150ヵ国以上に輸出し、世界の国々でサタケの名は知れ渡っております。
サタケ豊栄はサタケグループの一員として世界の食文化を支えます。
また、ものづくりを通じて地域の活性化及び地域産業の発展に寄与してきました。
精米機を始め生産された製品は世界中へ輸出されています。
現在では食品の加工を行うなど幅広い分野にわたり活躍しています。
今後とも一層のご指導ご鞭達をお願い申し上げます。
代表取締役 村若 哲磨

会社概要

会社名
サタケ豊栄株式会社
所在地
〒739-2313 広島県東広島市豊栄町清武1595番地
電話番号
082-432-2111
FAX番号
082-432-2424
資本金
20,000,000円
会社創立
昭和39年11月4日
代表者
代表取締役 村若 哲磨
役員
取締役/佐竹 利子
取締役/福森 武
監査役/木原 和由
従業員数
97名
敷地面積
30,000㎡(約10,000坪)
事業内容
精穀機 諸産業機械並びにその附属品の製造・加工
乾燥機 籾摺調製機並びにその附属品の製造・加工
米・麦を原料とする食品の製造・加工、並びに販売
電気機械・器具及び電気設備の設計、製造、販売、賃貸、修理及び保守点検
建設業法別表第一に規定する建設工事の請負
生産品目
大型施設用設備・精米機・選別機・籾摺機
主要仕入先
興永鋼材株式会社/阪和工材株式会社/興亜産業株式会社/結城鋼材株式会社
取引先
株式会社サタケ
取引銀行
広島銀行/三井住友銀行/しまなみ信用金庫/JA広島中央